【Insta360 Go】マウントの使い方とそれぞれの用途を解説!

 どうも、アクションカメラブロガーのTakaです。自粛生活が続く中、いかがお過ごしでしょうか?早く外出したいものですが、山や海は逃げないので焦らず感染が収まるまで待ちましょう。

 さて、前回Insta360 GOのキティセット特別版の紹介をさせてもらいましたが、今回はそれに付随するかたちでInsta360 GOに同梱されてあるマウントのセッティングの仕方と、具体的にどういったシーンで使うのかそれぞれのマウントの用途も合わせて紹介したいと思います。

Insta360 GOは専用のマウントもセットで付いているので別途購入する必要がなくて良いですよね!

マウントとは?

 そもそもマウントって何?という方もいるかもしれないので簡単に説明しておくと、Insta360 GOのようなアクションカメラには必ずと言っていいほど必要となるアクセサリーで、具体的にはカメラを固定したり、持ちやすくしたり、様々な箇所に取り付けたりするためのものになります。要するに様々なシーンでより撮影しやすいようにを手助けをしてくれるアイテムになります。

Insta360 Oneのマウントはどんなもの?

 では、そんなマウントですが実際にInsta360 GOに同梱されてあるマウントを見ていきましょう。

 とりあえず雑多に広げてみるとこんな感じで結構入っていますが、ひとつずつ紹介していきたいと思います。

スティックマウント

 まずは、数あるアクションカメラのマウントんも中でも一番ベーシックで必須とも言えるマウントがスティックマウントですね。

 このような感じでスティックタイプのマウントで、スティックの先端にカメラを設置して撮影します。具体的には手に持って撮影するかたちで様々なシーンで活用されます。

 Insta360 GOのスティックマウントの具体的な設置方法は、下の写真のようなアクセサリーがあると思うので、

 このアクセサリーにInsta360 GO本体を下の写真のよう設置します。

嵌め込むという感じですね

 そうしたら、スティックマウントに下の写真のようにネジで固定します。

 ネジで固定した箇所を調整するこで、角度を変えることも可能です。

 このようなスティックマウントですが、適した主な撮影シーンは以下のような感じになります。

スティックマウントの主な用途

  • 自撮り
  • 歩きながらの撮影
  • トラッキング撮影

 ただし、使いようによっては本当にいろいろなシーンで活用できるので、撮影に出かける際にはとりあえずカバンの中に詰め込むべきマウントになります。

吸着パッドマウント

 続いて、定点やタイムラプス撮影に使える吸着パッドマウント。下の写真のように台座のようなかたちになっており、裏側のシールを剥がすことで吸着させることができます。

 カメラの設置方法は、まず下の写真のアクセサリーに、

Insta360 GO本体をセッティングし、

 あとは、ねじ穴に設置すれば下の写真のようなかたちになります。

 これで、好きなところに吸着させて撮影することができます。具体的には下記のような撮影シーンで活躍するマウントになります。

吸着パッドマウントの主な用途

  • 定点撮影
  • タイムラプス撮影
  • 車中からの撮影
  • 固定撮影

個人的には車から外の風景を撮影する際によくこの吸着マウントを使いますね!

クリップマウント

 続いてのマウントは、クリップマウントになります。クリップマウントはその名の通り、クリップタイプのマウントになります。

 クリップマウントもよく使われるマウントのひとつで、Insta360 GOのマウントは下の写真のようなマウントになります。

 このマウントの使い方は、簡単で下の写真のようにInsta360 GO本体を取り付ければ、基本的なセッティングは完了で、あとはクリップが挟めるような箇所で撮影すればOKです。

 クリップマウントもいろいろな撮影シーンで活躍してくれるマウントですが、具体的には下記のような撮影方法に適しているのではないかと思います。

クリップマウントの主な用途

  • 定点撮影
  • タイムラプス撮影
  • 固定撮影
  • ハンズフリー撮影
  • 洋服やキャップ等に挟んでの撮影

磁気ストラップマウント

 最後に紹介したいのは磁気ストラップマウントになります。このマウントはGoPro等の他のアクションカメラにはない類のマウントで、Insta360 GO特有のマウントで、個人的には一番お気に入りのマウントです。

 具体的には上の写真のようにストラップ型になっており、この丸型のマウントが磁気になっており、下の写真のようにInsta360 GO本体をピタッとくっつけることができます。

 首からぶら下げてマウントは服の下に入れて、Insta360 GOを服の上からピタッとくっつけることで撮影者の視点で映像を撮影することができます。

 前回の記事でも紹介した下の動画のほとんどはこのマウントを使って撮影しており、動きのあるシーンで撮影すると臨場感のあるダイナミックな映像を撮影することができます。

 最初は磁気なので、結構激しく動いたら取れてしまうんじゃないかと思っていましたが、磁気が予想以上にピタッとくっ付いてくれて実際にはほとんど取れることもなく撮影できましたし、Insta360 GO自体が軽量小型なので子供でも全然気にせずアスレチック等で遊んでいました。

このマウントは本当に良くできていると思いますよ!

 このマウントの具体的な撮影シーンは下記の通りとなります。

磁気ストラップマウントの主な用途

  • 視点撮影
  • ハンズフリー撮影
  • アクティブシーンでの撮影

まとめ

 とまあ、こんな感じでInsta360 GOのマウントについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

 マウントと一言で言ってもたくさんの種類があることが分かったかと思いますが、今回紹介したように用途やシーンによって適切なマウントを使うこでより撮影しやすくなり、結果的に良い映像が撮れるので参考にしてもらえると嬉しいです。

 そんな感じで今回はここまで!また!

シェアありがとうございます!

タグ
GoPro

管理人プロフィール

Takanori Hashi

普段は都内を中心に活動するフリーランスのWebクリエイター。独立して早10年、本業ではプログラミングをゴリゴリする傍ら、趣味であるサーフィン、スノーボード、映像制作をライフワークとしております。

人気記事