GoPro Hero8 Blackのビルトインマウントは外せて交換できる!取り外し方も紹介!

 どうも、寝不足気味のアクションカメラ専門ブロガーのTaka(@gopro84life)です。

 先日、システムエラーで注文が通っていなかったGoPro Hero8 Black(以下Hero8)がようやく手元に届いたので、これからいろいろと撮影していきたいと思っているところなのですが、その前に個人的に気になっていたビルトインマウントは取り外せるのか?また交換できるのか?ということを検証してみたいと思います。

Hero8のビルトインマウントとは?

 この記事を読まれている方はビルトインマウントが何かということは既にご存知だと思うのですが、念のため説明しておくと下の写真の通りHero8より追加された本体デバイスに装着された折りたたみ式のマウントになります。

 このビルトインマウントが装着されたことでこれまで必要だったハウジングフレームが必要なくなり、より快適に撮影できるようになりました。

ビルトインマウントって外せるの?

 そんなビルトインマウントですが、Hero8に正式に装着されると発表されてから個人的に気になっていたことがありました。

便利にはなったけど耐久性はどうなの?折れたりしたらどうするの?

 そうなんです。本体に装着されたことでハウジングフレームが必要無くなったり、バッテリーやマイクロSDカードの取り替えが楽になったとか様々なメリットがあるのですが、逆に折り畳み式になったことで耐久性が落ちてしまったり、壊れた場合簡単に取り替えできるのかということが気になっていたんですね。

 いろんな紹介動画とか見ていても、意外とこの点に触れている動画や記事がなかったので、実際に手元に届いた今、取り外しや交換ができるのか実際に試してみたいと思いますが、結論から先に申し上げると取り外しもできるし交換もできます

ビルトインマウントの取り外し方

 では、実際にビルトインマウントの取り外し方を紹介していきます。

ビルトインマウントはトルクスネジで留められている

 まず、Hero8のビルトインマウントはネジで留められているのですが、このネジが通常のプラス、マイナスのネジでもなく六角ネジでもなく星形のトルクス型のネジになります。

 このトルクスネジは、GoProの他にもMacbook等の製品でよく使われているネジになり、通常のネジに比べて力が加わりやすいという特徴の他に、一般の人が簡単に外せないようにする意図もあるようです。

星形のネジとかあんまり見かけないよね。どうやって外せるんだろう?

トルクス(ヘルクスローブ)T5サイズのドライバーを用意

 こういった特殊なネジを外すためには専用のトルクスドライバーを使わなければなりません。トルクスという言葉は商標のようなのでトルクスドライバーという名称で販売されていることはなく、ヘックスローブドライバーという名称で販売されています。

 ダイソー等の100均でも売っているようですが、僕の家の近くの100均には売っていなかったので東急ハンズで下のヘックスローブドライバーを購入しました。

 なお、ヘックスドライバーにもいろいろサイズがあるのですが、Hero8のビルトインマウントに関してはT5になるので、購入する際はしっかりとサイズを確認してから購入してください。

サイズは間違いやすいから気をつけないとね

 また、Amazonや楽天でも同様のものが売られていますので、そちらで購入してもいいでしょう。というか、そっちの方が探す手間が省けるので楽ですね。

実際に取り外してみる

 T5のヘックスローブドライバーを手元に用意したら、あとは通常のドライバーと同じ要領でねじ穴に差し込み回していくだけで下の写真のように簡単に外すことができます。

ネジはとても小さいので紛失しないよう注意

 ちなみに、このネジは下の写真のようにとても小さく紛失しやすいので、外す前に周辺を綺麗に整頓して取り外すことをおすすめします。

取り付ける

 取り付ける場合は、取り外したときの逆順にやればいいだけなので、至って簡単に下の写真のように元どおりに取り付けることができます。

専用のドライバーさえあれば簡単に取り外して交換することができるね!

交換用のビルトインマウントはどこで購入できる?

 このように取り外しは簡単にできるということが分かりましたが、交換用のビルトインマウントはどこで購入できるのかというとGoProの公式ストアで2,500円(2019年11月現在)で販売されています。

 2,500円という価格が高いのか安いのか意見が分かれそうなところですが、GoPro Plusに加入していれば半額の1,250円で購入できるので、ヘビーユーザーの方は壊す確率も高いのでGoPro Plusに加入しておくことをおすすめします。壊してしまいそうだなと思った方はあらかじめ予備として購入しておいてもいいですね。

 GoPro Plusの登録はこちらから

GoPro Plusはこのようにアクセサリーが半額で購入できるだけでなくいろいろと特典があるのでおすすめですよ!下の参考記事も読んでみてくださいね!

まとめ

 ということで、今回はHero8が手元にようやく届いたので、購入前から気になっていたビルトインマウントの取り外し、また交換方法に関して紹介させていただきました!

 Hero8がリリースされた際は、マウントが本体に装着され、さらに折り畳み式になったことでむしろ壊れやすくなったんじゃないかと思っていましたが完全にいらない心配でしたね(笑)。今回紹介したように専用のドライバーさえあれば簡単に交換できるので全然大丈夫ですね!

 最後に、Twitter(@gopro84life)でもGoPro情報の配信を始めたのでよかったらフォローしてください。速報性の高い情報等はTwitterの方が早いと思います。

 てことで、今回はここまで!また!

シェアありがとうございます!

タグ
GoPro

管理人プロフィール

Takanori Hashi

普段は都内を中心に活動するフリーランスのWebクリエイター。独立して早10年、本業ではプログラミングをゴリゴリする傍ら、趣味であるサーフィン、スノーボード、映像制作をライフワークとしております。

人気記事