GoProが1日(1泊)からでもレンタル可能なサービス3社の紹介!

 どうもどうも、管理人のTaka(@gopro84life)です。

 先日、GoProレンタルサービス10社を比較した記事(下記参照)を書きましたが、今回はその中でも少しだけ触れている1日(1泊)からでもレンタルが可能なサービスに焦点を絞って紹介したいと思います。

 GoProのレンタルは基本的に3泊〜のレンタルが業界の通例となっており、1日(1泊)からのレンタルに対応している業者はあまりないのが実情ですが、ユーザーの中には実際使用するのは1日だけで3泊も必要ない、その分格安でレンタルしたいという要望は結構多いと思います。

 そういった要望もある中、1日からのレンタルにも対応しているサービスがいくつかあるので、それらのサービスの特徴や比較、また1日レンタルのメリットやデメリットについて個人的な観点でまとめてみたいと思います。

 なお、本記事に記載のある料金等は執筆時点(2019年7月現在)の情報になりますので、今後変更になる可能性もあります。

この記事で分かること

  • GoProを1日(1泊)からでもレンタルできるサービス
  • 各サービスの特徴や比較
  • 各サービスのメリット・デメリット
  • 1日(1泊)レンタルをおすすめしない理由

GoProが1日からレンタルできるサービス一覧

 ということで、早速現時点(2019年7月現在)で僕が知る限りのGoProが1日からレンタルできるサービスが下記3社になります。

1日レンタルOKのレンタルサービス

各サービスの比較

 それでは、上記に挙げた各サービスの簡単な比較をしていきたいと思います。

品揃えはモノカリ

 まずは、各サービスの品揃えから確認していきたいと思います。各サービスのGoProの取扱機種をまとめた表がこちらです。

取扱機種一覧

ビデオエイペックス Hero7 Black
Hero6 Black
Hero5 Black
Hero5 Sesssion
モノカリ Hero7 Black
Hero6 Black
Hero5 Black
Fusion
初心者セット
自撮り・リモート撮影セット
CREARC RENTAL Hero7 Black
Hero6 Black
Hero5 Session
バックパックセット
防水ハウジングセット

 いずれのサービスもそれなりに最新機種のHero7からHero5くらいまでの商品を揃えている感じですね。

 取扱機種の差はあまりありませんが、強いて言うのであればFusionのレンタルも可能で「初心者セット」等のセット商品もある「モノカリ」が一番豊富という気がします。

料金はCREARC RENTALが最安値

 続いて、各サービスのレンタル料金について確認していきたいと思いますが、対象はHero7 Blackの1日(1泊)のレンタル価格を参考価格とさせていただきます。(モノカリは初心者セット、CREARC RENTALは防水ハウジングセットが対象)

料金

ビデオエイペックス 5,200円
モノカリ 6,980円
CREARC RENTAL 3,000円

 ご覧の通り、Hero7 Blackの1日レンタル料金の最安値はCREARC RENTALの3,000円になります。逆に一番高いのがモノカリの6,980円になります。価格だけを見るとCREARC RENTALがとてもお得感がありますが、この3,000円というのは1泊ではなく1日レンタルになるので、1泊になった場合は2日計算となり6,000円となります。

同梱物も大事な要素

 上記で紹介した価格の商品に付いてくる同梱物の内容を下表にまとめます。

同梱物内容

ビデオエイペックス バッテリー2個
GoProスーパーチャージャー
デュアルバッテリーチャージャー
USBケーブル
HDMIケーブル
マイクロSDカード32GB
クイックリリースバックル
標準フレーム
保護レンズ
モノカリ バッテリー2個
バッテリー充電器
防水ハウジング
シリコンケース
マイクロSDカード64GB
スティックマウント
吸盤プラグ
標準フレーム
CREARC RENTAL バッテリー1個
USBケーブル
HDMIケーブル
マイクロSDカード64GB
バックパックマウント
標準フレーム
保護レンズ
収納ケース

 このような感じで、いずれのサービスも周辺機器は基本的にセットになっています。撮影に必要なマイクロSDカードも同梱されているので、別途特に何か用意する必要なく利用することができます。ただし、このブログの別の記事でも紹介していますが、マイクロSDカードについては32GBでは少なく64GBは欲しいところなので、そういった意味ではモノカリかCREARC RENTALが良いのかなと思います。

 また、GoProで快適な撮影をする場合は、自撮り棒のようなスティックマウントがあった方が絶対に良いです。GoProはその特性上、とても小さいため手持ちでの撮影は少しやりずらい面がありますが、スティックマウントを利用することで安定性が増し撮影が快適になるので、そういった点ではモノカリのセットが良いのかなと思います。

 ただ、ビデオエイペックスでもスティックマウントは別途レンタルすることも可能ですし、CREARC RENTALではジンバルのレンタルも可能です。

 上記で紹介した金額だけに目がいきがちですが、実際の撮影の使い勝手を考慮し総合的なコスパで判断した方が良いかと思います。

補償はCREARC RENTALが充実

 補償に関しては、各サービス下表の通りとなっています。

補償内容

ビデオエイペックス 補償料 別途10%上乗せ
補償内容 自然故障有料
免責上限 1,000円
モノカリ 補償料 原則保証なしのため0円
補償内容 原則保証なし
免責上限 レンタル料金
CREARC RENTAL 補償料 別途100円/日
補償内容 自然故障無料
免責上限 2,000円

 ビデオエイペックスは、レンタル料金の10%で安心補償パックをつけることが可能になっており、補償が適用された場合は上限1,000円が免責金額になっています。補償が適用されないケースに関してはこちらのページに記載があるので参照してみてください。

 モノカリに関しては、利用規約内に下記のような文言があり、基本的に補償制度はないということになるかと思います。

第23条 (保証の否認及び免責)
(1)当社は、本サービス又は本サービスを利用してユーザーがレンタルし又は購入する商品が、ユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性・完全性を有すること、本サービスの利用がユーザーに適用のある法令又は業界団体の内部規則等に適合することについて、何らの保証をするものではありません。
(2)配送業者受け渡し後の、事故、天災、火災、その他交通トラブルの影響による遅延に関しまして、弊社では一切の責任を負いかねます。
(3)本サービスをご利用時の、故障、遅延その他トラブルによるデータの保証は致しかねません。万が一、トラブルが発生した際の賠償限度額は、レンタル料金を上限とさせていただきます。

 CREARC RENTALは、別途100円/日で安心補償パックに加入することができ、通常利用での故障等であれば賠償は発生しません。また過失での故障や紛失に関しても最大で2,000円の免責金額で大丈夫ということです。

 こうして見ると、補償に関してはCREARC RENTALがとても充実しているように思います。

本人確認が必要でCREARC RENTALは審査もあり

 今回紹介する3つのサービスに関しては、レンタルに際して下記のように本人確認が必要になります。

料金

ビデオエイペックス 必要
モノカリ 空港受取等は必要
CREARC RENTAL 必要

配送対応はCREARC RENTALのみ

 他のレンタルサービスに比べて1日レンタルということで価格も格安で魅力的に見えるかもしれませんが、実は1日レンタルには落とし穴があります。

 まず、ビデオエイペックスとモノカリに関しては1日レンタルの場合は店頭受取が基本になっています。配送での1日レンタルには原則対応していないため店舗が近くにない人は事実上1日レンタルは不可能になります。

 CREARC RENTALに関しては配送での1日レンタルも可能ですが、利用当日の17時までに返送手続きをする必要があるため、実質利用できる時間は限られてくると思います。また、CREARC RENTALは1日ではなく1泊となった場合は2日としてカウントされるので価格が単純に倍になります。

各サービスのメリット・デメリット

 さて、ここまで各サービスの特徴等を比較しながら紹介してきましたが、上記に挙げた内容をもとに各サービスのメリットとデメリットを紹介したいと思います。なお、ここで挙げるメリット・デメリットはあくまで1日(1泊)レンタルについてになります。

ビデオエイペックス

 まずは、ビデオエイペックスから。

メリット

  • 価格が格安
  • 補償がある

デメリット

  • 補償パック料が高い
  • 店頭受取のみ
  • マイクロSDカードが32GB
  • スティックマウントはオプション
  • 自然故障でも1,000円の免責が発生する

モノカリ

 続いて、モノカリ。

メリット

  • 品揃えが豊富
  • スティックマウントがセットになっている

デメリット

  • 価格がこの3社の中では高い
  • 店頭受取のみ
  • 補償がない

CREARC RENTAL

 最後に、CREARC RENTAL。

メリット

  • 価格が格安
  • 補償制度がしっかりしている
  • 自然故障は無料
  • 配送でも1日レンタル可能

デメリット

  • 1泊の場合は2日計算
  • 配送の場合17時までに返却手続きが必要
  • 身分証提出と審査がある
  • スティックマウントはオプション

1日(1泊)レンタルをおすすめしない理由

 ということで、GoProを1日(1泊)からでもレンタルできるサービス3社の特徴の比較や、それぞれのメリット・デメリットを紹介してきました。

 ここまで読んでいただければなんとなくお分かりになったと思うのですが、正直、そこまで1日(1泊)のレンタルに関しては特筆すべき大きなメリットはあまりない気がします。そもそも、ビデオエイペックスとモノカリに関しては店頭受取のみでしか1日、1泊レンタルはできないし、CREARC RENTALは1泊だと2日計算になり価格的にも他の2社と同じくらいになります。また、モノカリに関しては補償がないため故障や破損したときのリスクが高いというのもおすすできない点の1つになります。

 今回挙げた3社いずれも価格的には魅力的ではありますが、価格以外の店頭受取や返却時間、付属品、本人確認や審査の面倒さを考えると、正直他のサービスを利用した方が総合的にコスパは高いと思うので、個人的には1日、1泊レンタルはおすすめしません。

価格より総合的なコスパで選ぶべき

 では、GoProをレンタルしたい場合はどうするべきかですが、個人的にはサービス自体の使いやすさやコスパで選ぶことをおすすめします。その方が実際に安心して利用することができるし余分なコスト等も掛からなかったりするので。

 具体的なサービスとしては、あくまで個人的な意見ですが「レントリー」と「レンティオ」が全体的なコスパも良く比較的使いやすいサービスなのかなと思います。この2つのサービスは僕自身も実際に利用したことがあり、対応も良く配送手続き等スムーズに利用することができました。ただ、レンタルする目的や期間等人によってさまざまだと思うので、最終的には自分の目的に一番合ったレンタルサービスを選んでもらえれば良いと思います。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 今回は、先日記事にしたGoProレンタルサービス10社の比較記事に続き、1日(1泊)レンタルに焦点を当てて、1日レンタルに対応しているサービス3社の特徴等の比較、それから1日レンタルに対する個人的な意見等をまとめてみました。

この記事のまとめ

  • GoProを1日からでもレンタルできるサービスはある
  • 各サービスそれぞれに特徴があり価格面は魅力的
  • 格安み見えるが、補償面や店頭受取等の問題があり現時的ではない
  • 総合的に考えたときに1日(1泊)レンタルはあまりおすすめはしない

 GoProは普通に購入すると最新機種であれば5万円ほどする商品なので、使用頻度によってはレンタルで済ませた方が安くつく場合もあります。また、購入を検討しているけど一旦レンタルで試してみたいという方にもレンタルという方法は有効な手段でもあります。GoProレンタルサービスは意外と多くどのサービスが良いのか迷うこともあるかもしれませんが、この記事が少しでも役に立てばいいなと思います!

 ということで、今回はここまで!また!

管理人プロフィール

Takanori Hashi

普段は都内を中心に活動するフリーランスのWebクリエイター。独立して早10年、本業ではプログラミングをゴリゴリする傍ら、趣味であるサーフィン、スノーボード、映像制作をライフワークとしております。

人気記事