GoProミリオンダラーに応募してみた!応募方法や求められる動画の内容を紹介!

 お正月は身内に不幸があったりとバタバタしており挨拶が遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。アクションカメラブロガーのTakaです。

 さて、先日嫁さんの実家である奄美に帰省した際に生け捕りにしたハブの映像を撮影することができたので、GoProだからこそ撮れた映像ということでそのクリップをGoProミリオンダラーチャレンジに応募してみました。そこで、今回はGoProミリオンダラーチャレンジの概要と応募方法、また求められるコンテンツの内容や注意事項をまとめて紹介したいと思います。

ちなみに応募したハブの映像クリップは僕のインスタグラムにアップしているので見ていただけたらと思います。少しビビって触れてしまいましたがハブがカメラに噛みつく瞬間も撮れました

 インスタグラムの映像はこちら

GoProミリオンダラーチャンレンジとは?

そもそもGoProミリオンダラーチャレンジって何?

賞金総額1億円の名物企画

出典:GoPro公式サイト

 GoProのミリオンダラーチャレンジとは、毎年新機種がリリースされるごとに開催される賞金総額1億円が懸けられたGoProのキャンペーンで、指定されたGoProの機種で撮影された映像クリップを応募することで採用された場合には、1億円を採用者の数で均等に割られた額の賞金を受け取ることができます。

GoProのプロモーションに活用される

 また、採用された場合は賞金がもらえるだけでなく、GoProの様々なプロモーションビデオのフッテージとして活用され、様々なメディアにて公開されます。また、採用されたことを自らのSNS等で宣伝することでフォロワーの獲得にも繋がるなど賞金以外にも大きなメリットになることは間違いないでしょう。

正直、賞金よりもこういった影響力の拡大の方がメリットとしては大きいでしょうね

採用数は決まっているのか?

 採用される映像数に関しては、特に決まっているわけではなく実際に審査員が応募された映像クリップの内容を見て決められるようです。参考として前回のミリオンダラーチャレンジでは、66個の映像クリップが採用され、各受賞者に17,000米ドル(約185万円)ほどが贈与されたようです。

200万円近い金額なので採用されたら飛び上がって喜んじゃうよね!

応募期間はいつまで?

 応募期間に関しては、その年によって変わりますが、2019-2020年のミリオンダラーキャンペーンに関しては、2019年10月1日〜2020年1月12日の23:59 (太平洋標準時) までとなっています。

受賞した場合の連絡はいつ頃?

 運良く受賞した場合ですが、2019-2020年のキャンペーンでは、2020年1月29日頃に予定されているプロモーションビデオの公開に合わせて通知が来るようです。

GoProミリオンダラーチャンレンジに応募する際の注意事項

 そんなミリオンダラーチャレンジに応募するにはいくつかの条件があるので、それぞれ説明していきたいと思います。

2019年の対象機種はHero8とMAX

 2019年のミリオンダラーチャレンジの対象機種は、GoPro Hero8 BlackとGoPro MAXの2種類のカメラになっているので、この二つのカメラで撮影した映像クリップということが、まず大きな条件のひとつとなります。また、全編GoProで撮影された映像クリップでないといけません。

要するに、毎年最新機種のカメラが対象になるということだね

映像クリップは編集していないデータで応募

 ミリオンダラーチャレンジに応募する映像クリップはRAWデータでなければなりません。RAWデータとは未編集のデータということで撮影したデータのままで応募しないといけません、クロップしたらグレーディングしたりしないでそのままの映像データで応募してください。

RAWとは英語で「生」という意味なので、日本語で言うと生データっつーわけです

できるだけ解像度は高い方が望ましい

 また、撮影する際は可能な限り高解像度で撮影した方が望ましいとされているので、最大解像度の4K、もしくはフレームレートを高く撮影したい場合は2.7Kくらいの高解像度で撮影するようにしましょう。

画質の悪いビデオは審査対象から外れてしまうので撮影する際は解像度の設定をしっかりと確認!

音楽もつけてはダメ

 ミリオンダラーチャレンジとは別にGoPro AwardsというキャンペーンもGoProでは常時やっており、そちらに関してはBGMを付けても大丈夫ですが、ミリオンダラーチャレンジの場合は RAW(生)データなのでBGMとして音楽を付けることも禁止されています。

完全な生データじゃないとダメということですね

 なお、補足ですがGoPro Awardsの場合はBGMを付けられますが、GoProアカウント経由でEpidemic Soundの音源を無料で利用できるようになっているので、BGMを付けたい場合はEpidemic Soundを利用するのがおすすめです。

GoProアカウントでEpidemic Soundを利用する方法は下記の記事で詳しく紹介しているので、そちらを参照してください!

有名なイベント等の映像は避ける

 有名人のライブやコンサート等のイベントや舞台の映像は、いくら魅力的な映像が撮れたとしても応募しないようにしましょう。こちらも音楽同様著作権で守られているケースが多いので注意してください。

登場人物や行動を記載

 応募する映像クリップに写っている人物、またその行動に関しては、なるべく分かりやすいように記載してください。また、写っている人物本人にも肖像権があるので使用許諾を取っておくことも忘れないようにしておきましょう。

応募する際に入力フォームがあるので、そちらに記載すれば大丈夫だよ!

撮影時間はなるべく短くする

 撮影時間に関しては、短い方がよりベターだとされています。長時間垂れ流した映像ではなく、決定的な瞬間を捉えた映像を撮影するように心がけましょう。

その他、禁止されているコンテンツ内容

 ミリオンダラーチャレンジに関しては、大きく分けて上記のような応募条件がありますが、それ以外にも下記の内容を含むコンテンツに関しては審査対象外になりますのであらかじめ確認しておくといいでしょう。

 以下、公式サイトからの引用。

1.第三者の特許権、著作権、商標権、企業秘密、著作者人格権またはその他の知的財産権、パブリシティ権、プライバシー権を、侵害、流用または侵犯するコンテンツ。
2.適用される法律や規制に違反したり、民事上の賠償責任を招く行動、あるいはそのような行動を奨励するコンテンツ。
3.詐欺的、虚偽、誤解を招く、あるいは欺瞞的なコンテンツ。
4.中傷、卑猥、わいせつ、下品または不快なコンテンツ。
5.任意の個人またはグループに対する差別、偏見、人種差別、憎悪、嫌がらせまたは危害を助長するコンテンツ。
6.他者に対して暴力的あるいは脅迫的、または他者に対する暴力や脅威となる行動を助長するコンテンツ。
7.違法行為または危険な行動や薬物などの使用を助長するコンテンツ。

ミリオンダラーチャレンジの応募方法

 そんなミリオンダラーチャレンジの応募方法はいたって簡単です。GoProの公式サイトから応募したい映像クリップをアップロードして、必要事項を記入するだけで大丈夫です。

それでは、ステップ毎に応募方法の紹介をしていくよ!

ミリオンダラーチャレンジのサイトにアクセス

 まずは、GoProのミリオンダラーチャレンジの公式サイトにアクセスしましょう。

今すぐ応募をクリック

 続いて、下図のハイライトになっている箇所に「今すぐ応募」ボタンがあるので、そちらをクリック(またはタップ)して応募ページにいきます。

映像クリップをアップロード

 応募ページに移動したら、今度は下図のハイライトになっている部分に映像クリップをドラッグアンドドロップするか、「お使いのデバイスからファイルを選択」ボタンをクリック(またはタップ)してから映像クリップを選択してアップロードします。

必要事項の記入

 そうしたら、映像のアップロードが下図のように始まるので、アップロードしている間に必要事項を記入していきます。

 映像のタイトルや説明文、それから場所やハンドルネーム等、応募する映像に関する内容をそれぞれ入力してください。

利用規約に同意して続行

 必要事項をそれぞれ入力したら、利用規約を読み内容を理解したら同意して「続行」ボタンをクリック(またはタップ)して次に進みます。

GoProコンテンツライセンスプログラムの許諾を選択

 最後に、GoProのコンテンツライセンスプログラムの許諾を聞かれるので、了承するかしないかを選択して「送信」ボタンをクリック(またはタップ)して応募完了になります。

 なお、問題なく応募が完了した場合は、GoProから登録メールアドレスに応募完了のメールが届くと思うので、念のためそちらも確認しておいてください。

まとめ

 とういうことで、今回はGoProの目玉キャンペーンのひとつであるミリオンダラーチャレンジに関して、その特徴から求められるコンテンツの内容、注意事項、それから応募方法に関して紹介させていただきました。

 今回、僕が応募した映像クリップが採用される可能性は限りなく低いと思いますが、みなさんのなかで貴重な映像が撮れた場合はどんどん応募しちゃいましょう!もし採用されたら、あなたのGoProライフも少しは変わるかもしれませんよ!

 最後に、TwitterでもGoProの関する情報を配信してます。速報性の高い情報等はTwitterの方が全然早いのでフォローしておいてもらえればお得な情報等はキャッチしやすいと思います。

 ではでは、素敵なGoPro Lifeを!

 Takaでした。また!

シェアありがとうございます!

タグ
GoPro

管理人プロフィール

Takanori Hashi

普段は都内を中心に活動するフリーランスのWebクリエイター。独立して早10年、本業ではプログラミングをゴリゴリする傍ら、趣味であるサーフィン、スノーボード、映像制作をライフワークとしております。

人気記事