GoPro Hero7 WhiteとSilverは買いなのか?違いをBlackや過去の機種と比較する

 こんにちわ、今度初めてGoPro Fusionを使うのですが、それが楽しみでしょうがないHashiです。

 さて、Hero7が発売されて数ヶ月経ちましたが、Blackに関してはいろいろなところからHyperSmoothが凄いなどといった声が聞こえてきますが、同時に発売された「White」と「Silver」に対する評価の声があまり聞こえてきません。

 そこで、今回はその原因を探るべくHero7のWhiteとSilverの特徴やスペックをHero7 Blackや過去の機種と比較してみたいと思います。

GoPro Hero7にはカラーバリエーションがある

 まず、Hero7に関してすごく簡単に紹介すると、Hero7は2018年9月27日に発売された機種で現時点(2018年12月現在)でもっとも新しいGoProになります。その名の通りHeroシリーズが始まって7世代目のGoProになります。

 GoProがドローン事業から撤退して原点であるアクションカメラ事業に特化すると発表してから初めてのメジャーアップデート機種ということもあり、冒頭でも触れたようにHyperSmoothというスタビライザー機能を搭載したりライブストリーミングができるようになったりと、これまでの過去機種と比べて大きく進化した機種になります。

BlackとWhiteとSilverの違いは?

 そんなHero7には、これまでのHeroシリーズにはないカラーバリエーションがあり、定番のメインカラー「Black」に加え「White」と「Silver」があります。

画像引用:GoPro公式サイト

 では、このBlackとWhiteとSilverはただ単に色が違うだけなのでしょうか?

 答えはNOで、メイン機種であるBlackに比べるとWhiteとSilverは廉価版になります。

 具体的に何が違うのかというと、細かい違いはいろいろありますが大きな違いとしては次の2つになります。

Blackとの大きな違い

  • 価格
  • 機能スペック

 では、これらの違いについて具体的に見ていきたいと思います。

価格の違い

 まずは価格について、過去の機種も含めて比較すると現時点(2018年12月現在)では下表の通りとなります。なお、価格についてはHero7に関しては公式サイト上の価格、Hero6とHero5に関してはAmazonの価格を参照しています。

 なお、これらの料金等は今後変更になる可能性もあるので、その点ご了承ください。

価格の違い

機種 価格
Hero7 Black 49,800円
Hero7 Silver 37,800円
Hero7 White 27,800円
Hero6 Black 39,636円
(Amazon価格)
Hero5 Black 33,800円
(Amazon価格)

 当然のことながらHero7のBlackが最新かつ最も高機能な機種なので価格も一番高くなっています。WhiteとSilverに関してはBlackに比べて格安となっており、Whiteが一番最安値で3万円を切る価格になっていますね。

 また、Hero6とHero5に関してもHero7が発売されたことで価格が下がってだいぶお買い得になっていますね。

 では、なぜ最新機種でもあるHero7のSilverとWhiteがここまで安いのか?

 その答えはその機能にあるのでこれから説明していきたいと思います。

機能スペックの違い

 続いて、機能スペックの違いについても確認していきたいと思います。

 機能については細かい違いまであげるとたくさんあり全て挙げてしまうと長くなってしまうので代表的な機能の違いについて下表にまとめていたいと思います。

ビデオ解像度

 まずは、動画撮影においてとても重要になる解像度。あまり映像に詳しくない人でもフルハイビジョンやフルHD、4Kとかいった言葉は聞いたことがあると思いますが、それが解像度になります。

 解像度は4Kや1440p、1080pといった表現の仕方になり具体的な数値で表すと4Kなら「3840×2160ピクセル」、1440pなら「1920×1440ピクセル」ということになるのですが、ここでは単純に数値が大きいほどより高精細で鮮明な映像という認識を持っていれば問題ありません。

 ちなみに、現在の地上デジタルTVはフルHDという解像度で放映されており、BSなど一部の放映では4Kも導入されています。

 また、解像度と合わせて覚えておきたい指標に「フレームレート」というものがあるので、そちらも簡単に説明しておくとフレームレートとは「fps」と表記され1秒間に記録されるフレームの数になります。「30p」や「60p」といったかたちで表され30pだと1秒間に30枚、60pだと60枚のフレームが記録されることになります。こちらもプロでない限り単純に数値が大きいほうがより滑らかな映像が撮影できるという認識で問題ありません。

 では、それぞれの機種の違いを見てみましょう。

ビデオ最大解像度の違い

機種 解像度
Hero7 Black 4K60p
Hero7 Silver 4K30p
Hero7 White 1080p60
Hero6 Black 4K60p
Hero5 Black 4K30p

 Hero7 BlackとHero6のふたつは4K60pでの撮影が可能となっており、SilverとHero5が4K30p、Whiteに関しては4Kの撮影はできないということが分かるかと思います。

 Hero7のWhiteがなぜここまで安いのか、ここにも理由の1つがあるのが分かりますね。

写真解像度

 動画だけでなく写真撮影もできるGoProですが、写真にも動画同様に解像度という概念があります。

 写真の場合はMP(メガピクセル)といったかたちで表現され、こちらも単純に数値が大きいほど高精細で綺麗な写真を取ることができます。

 では、それぞれの機種の違いを見てみましょう。

写真解像度の違い

機種 解像度
Hero7 Black 12MP(スーパーフォト搭載)
Hero7 Silver 10MP
Hero7 White 10MP
Hero6 Black 12MP
Hero5 Black 12MP

 写真の解像度に関してはHero7のSilverとWhiteのみ10MPで他の機種に比べて劣っているということが分かりますね。これもSilverとWhiteが安い理由になります。

 ちなみに、Hero7 BlackのスーパーフォトとはGoProが白飛びなどを自動で補正してくれる機能になります。

ビデオ安定化

 次に、Hero7 Blackの一番の売りでもあるビデオ安定化に関して比較してみたいと思います。

 ビデオ安定化とはスタビライジングとも呼ばれ、手ブレなどの揺れを補正する機能です。Hero6でアドバンスという安定化機能が追加されたときも、なかなか評判良かったのですがHero7 Blackで搭載されたHyperSmoothはさらに進化してジンバルキラーという異名を取っています。

ビデオ安定化の違い

機種 ビデオ安定化
Hero7 Black HyperSmooth
Hero7 Silver 標準
Hero7 White 標準
Hero6 Black アドバンス
Hero5 Black 標準

 いろいろなところでHero7は手ブレ補正が凄いというような声が多いですが、上の表を見てもらえれば分かる通り、HyperSmooth機能が付いているのはHero7のBlackのみで、SilverとWhiteに関してはHero6のアドバンスよりも劣るHero5と同様の標準レベルのビデオ安定化になります。

 この点においてもSilverとWhiteはだいぶ機能制限されていることが分かりますね。

スローモーション

 スローモーションはどうでしょうか?

 先ほど、フレームレートについて軽く説明しましたが、スローモーション撮影とフレームレートには密接な関係があり、より滑らかなスローモーションを実現するにはより多くのフレームが必要になってきます。

 そうするとフレームレートが高い機種ほど性能が良いということになりますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

スローモーションの違い

機種 最大fps
Hero7 Black 240fps
(1,080p)
Hero7 Silver 60fps
(1,080p)
Hero7 White 60fps
(1,080p)
Hero6 Black 240fps
(1,080p)
Hero5 Black 240fps
(720p)

 ご覧の通り、Hero7のSilverとWhiteのみ最大fpsが60fpsとなっており、この点においても他の機種に比べても機能が制限されていることが分かります。

 ちなみに、Hero5の1,080pの最大fpsは120fpsになります。

SilverとWhiteは買いなのか?

 さて、この違いを見ていかがでしょうか?

 代表的なスペックの違い4つに絞って比較しましたが、これだけでもSilverとWhiteがなぜ安いのかという理由が分かるかと思います。

 この記事を読んでる方の中には、おそらくHero7のSilverとWhiteの購入を検討されている方も多いと思いますが、この違いをわかった上でSilverとWhiteを購入しようと思いますか?

 僕なら買いません

 なぜなら、上の表の違いを見れば一目瞭然ですがSilverとWhiteの機能は正直Hero5と同等かそれ以下です。それなのにSilverにいたっては価格は37,800円となっており、Hero5よりも高くHero6とほぼ同等の価格になっています。これであればどう考えてもHero6を買った方がはるかにコスパが高いわけです。

 Whiteに関しても3万円以下という価格は魅力的ではありますが、やはり4K撮影ができないという点が個人的には気になるところですね。

個人的おすすめ順

 じゃあ、どれを買えばいいのか?

 個人的な意見になりますが、以下の順番で考えていけばいいのではないかと思います。

Hero7 Black

 まず予算があるなら迷わずHero7 Black一択です。

 やはりHyperSmoothが搭載されUIも一新されて使いやすくなったHero7 Blackはとても魅力的だと思います。

Hero6 Black

 続いて、Hero7 Blackはちょっと高いなと思う方はHero6が良いと思います。

 今ならAmazonで4万円を切る価格で購入できるようなので、SilverとWhiteで迷っているならHero6の方が断然コスパが良いです。

Hero5 Black

 それでも高いと思う方はHero5でしょう。

 Hero5は2世代前の機種なので価格も安くなっていますが、スペック的にはSilverやWhiteよりも総合的には上になると思います。

Hero7 White

 まだ高いな…という方はWhiteを買ってください。。まあ、ホワイトは色が可愛いというのもあるし、別に4Kの高画質動画なんて必要ないというのであれば結構お買い得な商品なのかもしれません。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 Hero7が発売されてから数ヶ月、Blackの評価は上々だけど、SilverとWhiteはどうなのかということで、Blackと過去の機種と比較してみました。

 SilverとWhiteは廉価版と言われ入門者向けとも呼ばれていますが、実はHero6やHero5を購入した方がお得だったりするので、SilverとWhiteの購入を検討されている方は参考にしてもらえたら嬉しいです。

 ということで、今回はここまで!また!

管理人プロフィール

Takanori Hashi

普段は都内を中心に活動するフリーランスのWebクリエイター。独立して早10年、本業ではプログラミングをゴリゴリする傍ら、趣味であるサーフィン、スノーボード、映像制作をライフワークとしております。

人気記事