【PC版】GoProQuickを使ってGoProのクラウドストレージに動画データをアップする方法

 約1ヶ月ぶりのサーフィンに行けて気持ちの良い一日を過ごしたアクションカメラブロガーのTaka(@gopro84life)です。

 先日、ようやく届いたGoPro Hero8 Black(以下、Hero8)を片手に早速渋谷を撮影してきたんですけど、手ぶれ補正が評判通りなかなかいい感じでした。また、ビルトインマウントが追加されたことでハウジングフレームがなくなったので、より使いやすくなりましたね。あと、起動やタッチパネルの感度が気持ち改善されたような気もしますね。

 そんな今回は、早速撮影した動画をGoProのクラウドストレージにアップしようと思ったのですが、せっかくなのでクラウドストレージへアップロードする方法をシェアしたいと思います。ちなみに、今回はPC環境でGoPro Quickを使ってクラウドにアップロードする方法になります。

GoProのクラウドストレージとは?

 ちなみに、GoProのクラウドストレージとはGoPro Plusのサービスの1つでGoProで撮影した動画を容量無制限でアップできるクラウドのストレージになります。クラウドストレージサービスはGoProの他にもたくさんありますが、大体料金によって容量が制限がされており大容量のクラウドストレージサービスでも大体最大1TBとかになります。その点、GoProのクラウドストレージは容量無制限なので大容量の動画データでも気にせずにバンバンアップすることができちゃいます。

無制限なので僕は撮影したボツ動画とも含めてとりあえず全部クラウドにアップしちゃいます(笑)

 なお、GoPro Plusに関してはクラウドストレージ以外にもお得な特典があるサービスなので、詳しく知りたい方は下記の記事がおすすめです!

GoPro Quickでクラウドストレージにアップする方法

 では、今回の本題であるアップロード方法について紹介していきたいと思います。

GoPro Quickをインストール

 まずは、PCにデスクトップ版のGoPro Quickをインストールします。GoPro Quickは下記のリンクからダウンロードできます。

GoPro Quick

ゴープロ

GoPro Quickの設定

 GoPro Quickをダウンロードしてインストールが完了したら、GoPro Quickを開いて、下記の手順でクラウドストレージに自動的にアプロードするように設定します。

GOPro Quick設定の手順

  1. GoPro Quickから「設定」を選択
  2. 左メニューから「クラウド」を選択
  3. 「クラウドにメディアを自動的にアップロードする。」を選択

下図のような感じで設定しましょう

カメラからメディアを追加

 自動的にアップロードするように設定したら、メディア画面に戻ります。

 上図のように「カメラを接続」と「フォルダの選択」の2つがありますが、今回はカメラを接続してインポートしていくので、ここで何かする必要はありませんが、念のため、「カメラを接続」の下にある「方法を表示」をクリックして手順を確認します。

 内容を確認したら「了解」をクリックして画面を閉じます。

GoProとPCの接続して電源を入れる。

 では、実際にGoProの本体とPCをUSBケーブルで繋ぎます。繋いだらGoPro本体の電源を入れます。

ファイルのインポート

 GoPro QuickがGoProとの接続を確認したら、下図のように画面が表示されるので「ファイルのインポート」をクリックします。

このインポートはローカルにインポートするだけなのでクラウドへのアップロードはまだ始まらないよ

自動的にクラウドへアップロードが始まる

 ファイルのインポートが終わったらメディア画面を開いてデータがインポートされていることを確認します。

 このようにインポートされていることが確認できますが、この時に右上でローディングアイコンがクルクル回っていると思いますが、これがクラウドにアップロードしているというサインになります。

 あとは、アップロードが完了するまで待つだけです。アップロードの進捗に関してはWeb経由でクラウドストレージにアクセスすればリアルタイムでどのデータがアップロードされたかを確認することができます。

クラウドへのアップロードは時間が掛かる

 ちなみに、クラウドストレージへのアップロードは回線速度や時間帯によって様々ですが、元々のデータサイズが大きいということもあり結構時間が掛かるので、夜中寝ている時とかPCからある程度離れる時間を利用してアップロードすることをおすすめします。

ちなみに今回は全体で8GBのデータをアップロードしたのですが2時間くらい掛かりましたね

まとめ

 ということで、今回はGoPro Plusのサービスの1つである容量無制限のクラウドストレージに撮影したデータをアップロードする方法(GoPro Quickを利用)を紹介しました。

 このように、基本的にはカメラとPCを接続するだけでクラウドへ撮影データをアップロードすることができます。アップロードに時間は掛かりますが何と言っても容量無制限なので頻繁にGoProで撮影するという方にとってはお得なサービスだと思います。

 最後に、Twitter(@gopro84life)でもGoPro情報の配信を始めたのでよかったらフォローしてください。速報性の高い情報等はTwitterの方が早いと思います。

 てことで、今回はここまで!また!

管理人プロフィール

Takanori Hashi

普段は都内を中心に活動するフリーランスのWebクリエイター。独立して早10年、本業ではプログラミングをゴリゴリする傍ら、趣味であるサーフィン、スノーボード、映像制作をライフワークとしております。

人気記事